加圧トレーニングで脂肪を燃焼させる|痩せやすい体作り

効果的な筋力トレーニング

男性の腹部

どのようなトレーニングか

最近よく聞かれる加圧トレーニングとはどのようなものなのでしょうか。加圧トレーニングとは脚や腕の付け根を専用のベルトを巻き、この状態で運動することにより、より短時間、より短期間、より低負荷での運動効果を高めるトレーニングです。加圧トレーニングをすることにより、巻かれたベルトの先の脚や腕は血液の流れが制限され、一時的に酸欠状態になります。この酸欠状態というのは筋肉が激しい運動した時と同じ状態なのです。筋肉の酸欠状態を作り出すことにより、この情報が脳に伝わり、筋肉の合成を促す成長ホルモンが分泌されるように脳に指令を出させるのです。加圧トレーニングは筋力アップしたい、筋肥大を目指すアスリートたちだけのトレーニングではありません。低負荷で効果的なトレーニングができることから、筋力が衰えている高齢者や、ケガや手術後で体が思うように動かせない人にも効果を発揮するでしょう。

注意するべきこと

加圧トレーニングは血液の流れを一時的に悪くすることになりますので、決して素人判断で、やってはいけません。これではトレーニングにならず、却って体を壊すことにもなりかねません。加圧トレーニングには必ず専用のベルトを用いて、適正な圧力をかけ、運動の負荷などに注意して、行わなければいけません。やはり一番安全に効果的に加圧トレーニングを行うならば、専門のインストラクターについてトレーニングするのが一番でしょう。最近では個人で加圧トレーニング用のベルトを購入することもできますが、やはり一度専門のインストラクターに適正な装着圧を習うことが安全にトレーニングできると思います。また、血液の流れを悪くするので、心臓に障害のある方や高血圧症の方はトレーニングを始める前に一度、医師と相談した方が良いでしょう。